×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大学受験英語について
 最大規模の英語サイト群から情報を集める!TOEIC,TOEFL,英検,英会話・・・ここにないものはない→英語学習ランキングTOP100
 受験生・資格試験受験者向け!大学受験,資格試験の勉強法はここで。もちろん英語もあります→受験,学習,資格HPランキング
 300もの英語サイトから調べられ、英語を学ぶ情報の宝庫!!→英語学習関連サイトランキング

□CONTENTS

 01

 まず初めに・・・
 大学受験英語に必要な力
 単語力の重要度
 単語力のつけかた〜どんな単語集がいいのか?〜
 単語集の使い方
苦労なく英単語を覚える方法 .
 大学受験トップへ戻る
 トップへ戻る
 このサイトを評価する
<単語力の重要度>

 たぶん、読んでくれてる皆さんは、「当たり前なこと言いやがって」とか「しょーもな」とか言うかもしれませんが、単語力ほど重要なものはありません。少なくとも、僕が最重要視しているのは、単語力です。理由は簡単なことで、単語知らないと受験の問題解けません。長文の単語の意味知らなければ長文の大意なんて分かるはずないですよね?センターレベルの長文ですら、単語知ってないと意味分からず、人の名前とbe動詞くらいしか分からないはずです。こうやって、書くとそんなん当たり前と思いますが、実際試験受ければ痛感します。僕も、試験で分からない単語連発しましたから・・・センター英語ですら分からない単語出てきた記憶あります。

 そこで、いかに試験で出される問題の中の知らない単語を減らすかが合否の分かれ目といっても言いすぎでないと僕は思ってます。極端に言えば、大学受験英語に必要な力で挙げた、品詞の区別力、暗記すべき熟語・構文力、速読力、精読力なくても、知ってる単語が多ければ超難関以外なら受かると思います。単語を見て、意味が分かればあとは適当に意味の通じるように日本語に直せば大体大意は分かります。大意が分かれば設問にも対応できます。

 ただし単語の意味がたくさん分かったとしても、8割以上の設問が解けるとは99%思いません。どこの入試問題も最低2割はテクニックがなければ解けないと思います。でも6割くらい解けてれば、受かる可能性はあるはず(僕の体感では)なので、単語を人より覚えていれば受かる可能性はあります。ただ、単語を覚えるにもいろいろありますよね?それについては続きに書くとして、ここで、単語力がいかに重要かを再認識していただけたらと思います。

     

□オススメ掲示板

 

□当サイトへのリンク

このページはリンクフリーなので、どこからでも、ご自由にリンクをお貼りください。
  ○相互リンクの依頼
  ○教材の利用法
  ○お問い合わせ
などその他のことについては
こちらをご覧ください